2月も下旬に入り、いよいよクリニックが形になってきました!


配線がいくつも束になって垂れ下がっており、床には実際の部屋の配置が線で書かれていました。配置の線を見て思わず『ここが診察室かぁ~』とつぶやいてしまいました。


先週には窓が入りました。窓が入ると一気に部屋になったような気がします!
IMG_1322

写真は正面玄関です。


玄関はまだガラスが入っていませんが、枠が入っています。


これまで見ていた図面が立体になり、建築士さんと一緒になって悩んだものが一つ一つ形になってくるのを実際に見ると、それぞれに思いが溢れてきます。


そして、毎日寒い中、夜遅くまで工期の遅れなく進めてくださっている現場の皆様、ありがとうございます。。。




今は、内装の細かい打ち合わせ中です。

机や引き出し、洗面台、受付カウンターなどの家具たちの寸法を、何ミリ何センチとメジャーで何度となく確認し、患者さんに不便のないよう、そしてスタッフにも使いやすいよう、みなさんのご協力を得ながら進めています。


これからは、内装の色や素材など、本格的なデザインに入っていきます。クリニックに来院される患者さんは、色々な不安を抱えながらいらっしゃると思います。 皆様に安心して来院して頂き、いかに不安と緊張感をほぐしてもらえる雰囲気に出来るかを一生懸命考えていきたいと思っております。

みなさん、こんにちは。


まだまだ寒い日が続き、インフルエンザが猛威を振るっていますね。医者の不養生とよく言いますが、勤務医を続けながらの建築の話し合い、医療機器の話し合い、家具の話し合い・・・。。。


毎日毎日追われております。これもクリニックのためなんだ!!!と気持ちを奮い立たせております。




そして先日、採用面接を行いました。


びっくりするほどたくさんの方々からのご応募、また面接のために貴重な休日に足を運んで頂き、本当にありがとうございました。


実際の面接では、現坂本内科医院の院長である父と、私と妻、税理士さん、開業コンサルタントの合計6人がズラッと並び、私だったら圧倒される状況の中でしたので、みなさんもやはり緊張されていました。


面接でお話している中で、『温かく親しまれるクリニックを目指している私のお手伝いが出来れば・・・』とか、『何より患者さんとの関わりが好きだから・・・』という言葉が聞けたことがとても嬉しく、一緒に働ける日がとても楽しみになりました。


本当にたくさんのご応募を頂きましたが、残念ながら勤務のご希望、都合などで泣く泣く採用を見送らせて頂いた方もみえました。


多くの方々にご応募して頂き本当にありがとうございました。




私も今回面接をする側という立場は初めてで、こんなに大変なものか・・・と非常に戸惑いました。


病院とは違い、1人1人のスタッフの力や想いがクリニック全体の雰囲気をつくっていくと思います。私の目指すクリニックを実現させていくために、リニューアルオープンにむけてしっかり研修を行いスタッフ全員で努力していきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します!

              IMG_1139

冷え込みが厳しく、体が思わず縮こまってしまう1日ですね。


6月のリニューアルオープンに伴い、新規スタッフを募集しております。


地域の方々に頼られるクリニックにするためには、スタッフの方々の協力無しでは築けません。


患者さんはもちろんのこと、スタッフも笑顔で楽しく働けるよう、クリニックの設計や方針を考えています。ぜひ一緒に

温かいクリニックを作ってくださる方、ご連絡お待ちしております!!!


ブランクのある方でも、研修を行いますので、まずは復職を考えている方もご連絡してくださいね

P1030385

みなさんはじめまして。

このたび、小牧市中央2丁目69番地にある坂本内科医院をリニューアルして


本年6月に新規に継承開院する予定の坂本知行と申します。


現在の坂本内科医院は、父である坂本克己が昭和46年より開院し


約40年間地域の皆様の健康を守るため、日々頑張ってまいりました。


これまでの父の思いを引き継ぎ、より地域の皆様から親しまれ


何でも相談していただけるクリニックにしたいと思っています。


リニューアルオープンまで、あと半年もありますが(現在も診療は継続中です)、


新しいクリニックの建築経過や開院準備の様子を書いていこうと思っています。


皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

このページのトップヘ