みなさん、こんにちは。


まだまだ寒い日が続き、インフルエンザが猛威を振るっていますね。医者の不養生とよく言いますが、勤務医を続けながらの建築の話し合い、医療機器の話し合い、家具の話し合い・・・。。。


毎日毎日追われております。これもクリニックのためなんだ!!!と気持ちを奮い立たせております。




そして先日、採用面接を行いました。


びっくりするほどたくさんの方々からのご応募、また面接のために貴重な休日に足を運んで頂き、本当にありがとうございました。


実際の面接では、現坂本内科医院の院長である父と、私と妻、税理士さん、開業コンサルタントの合計6人がズラッと並び、私だったら圧倒される状況の中でしたので、みなさんもやはり緊張されていました。


面接でお話している中で、『温かく親しまれるクリニックを目指している私のお手伝いが出来れば・・・』とか、『何より患者さんとの関わりが好きだから・・・』という言葉が聞けたことがとても嬉しく、一緒に働ける日がとても楽しみになりました。


本当にたくさんのご応募を頂きましたが、残念ながら勤務のご希望、都合などで泣く泣く採用を見送らせて頂いた方もみえました。


多くの方々にご応募して頂き本当にありがとうございました。




私も今回面接をする側という立場は初めてで、こんなに大変なものか・・・と非常に戸惑いました。


病院とは違い、1人1人のスタッフの力や想いがクリニック全体の雰囲気をつくっていくと思います。私の目指すクリニックを実現させていくために、リニューアルオープンにむけてしっかり研修を行いスタッフ全員で努力していきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します!